· 

DIY でトラキャンの記憶 手作りシェル編

DIY これは楽しいです。 キャンピングカー特にトラックの後ろに載せるタイプは、めちゃ自由です。維持費が安いのは。軽トラベースです。 問題になるのは、重量、操縦性、居住スペースです。 これは軽トラベースで2台作成した経験でのお話です。1台目は、保冷車の箱にベットを入れて、屋根に換気扇に後ろに換気口からスタートしました。暖房、クーラーなど色々行いました。失敗のお話となりますが、まず暖房にカセットコンロから始めました。 これは切るとすぐに寒く、ダメなのと危険極まりない、布団に引火の危険と一酸化炭素中毒、それに燃えなく出てたガスが充満。その次がカセットヒーター、カセットストーブと使いましたが、危険と火災、スス、5度以下で使えないブタンガスをイソガスに変更したら、継ぎ目からふガスが出て引火など、発生。

ここで、ドイツ製、バベストヒーターに変更し、暖房は快適に、安全になりました。

換気ファン、これも安いファン無しからスタートしましたが、どんどんんファンを大きなタイプに変更して行きました。これは、上に換気を開いても、冷却は足らないことから、そして、雨が入る。暑い。など過酷な状態に。解決策に全天候用カーバーまでやりましたが、空気抵抗が凄く、最高速の低下と、横風を受けてのハンドリングの影響で全天候もMAXファン交換しました。

 これは中々良いのですが、ベットから起きてスイッチ操作や開け閉めが、寝たり起きたりで、大変で、風が強いと開く難点以外は無いです。

その後。中華製、雨センサー付きの手元コントロールパネル付き、リモコン付きに交換し落ち着いています。これは、車内温度が高くなると自動換気が作動したり、開け閉めも自動、気温が下がると自動停止などこれがトータル的にお気に入りです。

この保冷車では下に架台を作りその上に保冷箱を載せるスタイルでした。下のアオリを開くと、荷物が入る感じです。問題は、室内の全長で1780mmくらいかと記憶しています。

バッテリーはオプティマを使用していました。 中々良いバッテリーでした。 円形セルこれは素晴らしい電池ですが、重いのが難点ですが寿命も長いです。鉛バッテリーならオプティマを選びます。

 

 

2台めの軽トラキャンパーの記憶です。

この車は、軽トラの屋根部にバンクベットがあり、軽トラより20cm長いシエルの誰かが作ったシェルを購入し始まりました。

太陽光パネルは150w二枚屋根に。バッテリーはディプサイクルのボイジャー105Aを二台。 これは充電が走行も、太陽光も、上手くいかなく終わりました。バッテリーボイジャーが重く2台ですと45kgくらいだったかな?これがバベストヒーターを一晩。動かせないとか?いろいろ起きました。重量は致命的で、以前のオプティマに変更し、夏のエアコンが、除湿機からスタートしましたが、全然室内が冷えずに、気持ち悪くなり取りやめ。その後にラークールと言うセパレートクーラーを購入しましたが、これも、待てど、冷えず。冷媒ホースを短く改造し、室外機と室内機を裏表にし、これが成功し使えました。電源は100vでした。

この車では、全体の重さ、ハンドリングが問題となり、ハンドリングはレース用部品でのショックアブソーバーやスプリング変更

スタビライザーなどで解決。重さは、解決できなく、売却に至りました。