夏への備え! 今年の夏は、猛暑となるのでしょうか?キャンピングカーの直流エアコンのテストを始めました。まだ、取り付け中ですけど、インバーター無しで、ベットだけでも6時間ほど、冷やせれば、快適ですので、取り付け中です。本体は、車体の裏に取り付け、配管をベットにそして内機を設置、真空にして、ガス投入500gの予定です。車体

空気を汚さない、FFヒーターですが、先日の試運転に続き、本格的に、中国製ヒーターの試運転しました。去年は、燃料を軽油で動かしていて、トラブルおきましが、その後、軽油に変更、これで、トラブルは消えました。詳しく、お話し、しますと、配管の長さによりますが、ある程度の長さになりますと、温度が低い時に、軽油が固くなり、ポンプエラーが頻繁に、室内にポンプを移動し、それでも、エラー調べると、配管を短くし、良い軽油を

入れると大丈夫です。ですが、、色々、配管を短くするのも、大変で、良い軽油も高いので、灯油に変更!

灯油は、寒くなっても、トラブル無しです。着火もバッチリ、自動で温度設定し、快適です。ただし、すごーく寒くなりますと、自動温度設定では、上手く出来なくなってきます。それは、設定温度で、ヒーターを弱く自動でなると、急激に温度が下がり、遅れて、ヒーターが強くなります。設定温度で、火力下げる。この繰り返しが、温度が低いと上手くいかなくなります。この場合、マニュアルモードでの運転が良いです。暑くなったら、少し下げて、さむくなったら、少し上げて、これは、燃料を送る量を周波数で、変えるしくみです。このマニュアルモードでは、寒くなったら、このモードで運転です。非常に快適で、空気の入れ替え無しで、最高です。

今年は、大雨で、彼方此方大変で、これから、寒くなるので、被災された方々を心配しています。この、大雨、冬では、大雪、吹雪有るかもしれません。私も、前が見えない吹雪に、怖い思いをしたことがあります。車を安全な所に止めて、吹雪が去るまで、待機しましたが,こんなときに、FFヒーター2台稼動!し、視界が確保するまで、2時間待機しました。私は、備え有れば、大変役に立つ時が来ると思います。排気管の延長を忘れないで下さい。

私は、マフラーにポチっと差込、マグネットで固定、屋根まで排気管延長します。それ以上は、どうすればいいかな?